TikTok および YouTubeショートにて、毎日14時頃、その日の注目銘柄を増田足で確認する「どうなる?〇〇シリーズ」を配信中!

積み立て投資を続ける秘訣

 投資信託(ファンド)において、株式市場を丸ごと買うようなインデックス投資が最近の主流です。この株式市場を丸ごと購入することで得られるリターンってどのくらいなのか考えたことはありますか?
 投資信託などを運用する会社(運用会社)が想定する日本株や世界株における年間の期待リターンって、実は2桁にも満たないというのはご存知でしょうか?ちなみに期待リターンとは、簡単に言えば「将来このくらいのリターンかなぁ?」という予測値(期待値)で、その予測方法は運用会社ごとに様々なのですが、少なくとも過去のリターンをそのまま持ってくるほど単純なものではありません。

 さて、今回は、投資信託(ファンド)での積み立て投資に過剰な期待をする人の発想を理解するとともに、積み立て投資での資産形成を成功させる秘訣を見ていきたいと思います。

SNSでみられる最近の言動

 「つみたてNISA」の制度が始まったのが2018年なので、いまの若い人たちはこの辺りから投資を始めた方が多いのではないでしょうか?
 2018年以降のマーケットを振り返ると、2020年前半に「コロナショック」があり、ここで脱落してしまった若手投資家はいたと思います。一方、『コロナショックを乗り越えたから今後、起こるかもしれないショックにも耐えられる』と思っているのが、いまも続けている若手投資家でしょう。

 さて、この2018年以降に投資を始めた若手投資家にとって「コロナショック」はどんな影響を与えたのでしょうか?実は、言うほど大きな痛手は受けなかった(下落率もそうですが、積み立てた資金自体もまだ多額ではない)というのが本音ではないでしょうか。
 さらに、ここまでのたったの5年間は日本株であろうが米国株であろうが、市場は右肩上がりであり、特に海外資産への投資の場合、為替までプラスに働いた状態だったわけです。そしてなにより、投資をするにあたってメインとなる地域(欧州や新興国でなく日本や米国)と資産(債券やREIT、コモディティでなく株式)が上昇したというのが心理的に最も大きな影響を与えており、結果として相場を甘く見ていないか?と少し心配になります。
 要は、2018年以降の投資は、日本の投資家にとって変な売買さえしなければ誰がやっても損をする可能性が極端に低いイージーな投資環境だったのではないかということです。

 ところでSNSを見ていると、つみたてNISA経由で投資信託(ファンド)を購入した若手投資家は、最初のうちこそ「プラス〇万円になった!」と“わざわざ”報告していたのが、最近では「2~3年投資をしても儲からない…」と嘆いたりする有様です。これって、マラソンなのに50Mのラップタイムを報告していたかと思えば、トラックを1周(400M)して競技場を出てこれからレース本番って時には「疲れた…」みたいなことを言ってるようで、私からするとちょっと滑稽でもあります。
 そして「インデックス最強説」や「ナスレバ最強説」、「S&P500 vs オルカン」などいろいろ論争がありましたが、結局のところ、みんな幸せだったからできた論争であって、ある意味、どれを選択しても正解だった平和な時代だったんだなぁと思い返しています。

 こんな環境下、結果的に最強だったのは銘柄を満遍なく買うようなインデックス投資ではなく、そのインデックスに含まれる最も上昇した個別株だったわけです。そして、積み立て投資の若手投資家はその成功を目の当たりにすると「もっと儲けられたのに…」みたいなことを思ってしまい、それが「儲からない」「つまらない」「刺激がない」みたいな発言へと繋がり、その行き着く先は、積み立てを止めるか、やみくもに個別株投資に切り替えて大きなロスをするというものでしょう。
 このような流れを俯瞰する私の眼には「あぁ、資産形成について理解しないまま投資をはじめて、たまたま、ここまでは良かったんだなぁ…」と写っています。こういうことにならないよう、ファンドを活用した積み立て投資で失敗しないよう心がけておくことは何か?を説明します。 

期待収益率と収益結果の脳内変換

 まず、ここでは話をわかりやすくするため、ある資産の期待リターンが年10%だとします。ここで「この資産に投資をした場合の年利益はいくらでしょう?」という問題ならば、投資額が100万円なら10万円/年、10万円なら1万円/年、1万円なら1千円/年っていうことは分かりますよね?


 これを「1年後、現実な数字として、いくら欲しいのか?」という目線でもう一度見直してください。恐らく、大概の人は現実的な数字として100万円が欲しい金額になるのではないでしょうか?だとすると、その利益を得るための投資元金は1,000万円という結果になるわけです。
 よく『1,000万円超えると運用資金の増加スピードが加速してない?』っていう方がいます。これは投資額が1,000万円を超えると、10%のリターンが20%になるはずもなく、いわゆる“種銭(タネセン)”が1,000万円だったから100万円の利益という現実的な数字としてみんなが欲しがる金額を実現したことで高揚しているだけです。
 これを言い換えると、投資において一般的な人が得られる高揚感(満足感)を得るには「種銭」は非常に大事であるということになります。

※『種銭』とは投資する際の元金のこと

 投資成果をリターンでなく金額で評価したくなる気持ちは分からなくもありません。しかし、『種銭』もないのに(短期間に)金額だけを求めるから“無駄に”リスクを取ってしまう、もしくは、なかなか殖えないことに苛立ちを感じ“積み立てそのものを止めてしまう”ことになるわけです。
 『ほったらかし投資』と気軽に使う方がいますが、ほったらかしていいのは積み立てをして種銭をつくるという部分であって、運用成果をまったく見るな!とか、資産配分調整を行わないというのとは別物です。こう書くと「投資成果を気にするなっていうのに、運用成果をまったく見るなはダメってどういうこと?」と思うかもしれません。文章ではニュアンスが伝わりづらいのですが、プラス/マイナスで一喜一憂するのではなく、マイナスになった場合の理由が何か?というのは、自分の資産を運用しているのだからきちんと把握すべきだということです。

 とにかくある程度の『種銭』ができるまでは、投資成果(実績値)ばかりを気にするのではなく、しっかり継続して『種銭』作り(つみたて投資の継続)ができているかをもっと意識してください。

種銭ができるまで投資をすべきではないのか

 では、種銭ができるまで投資したらダメなのかと言えば、それも違っていて、現状の環境であれば「投資(資産形成)」は早く始めるに越した事はないのです。
 昔は長期投資において、資産形成に必要とされるリターンに対して預貯金の金利でも十分対応ができていたから銀行に預けていてもよかったのです。しかし、ご存じの通り、現状では夢物語なので、だからこそ少額でも積立投資を推奨しているわけです。

最後に

 SNSでは『つみたてNISAを満額やらなきゃいけない!』みたいな雰囲気を醸し出していますが、まったくそんなことはありません!資産形成において、まず投資初心者がやるべきことは、❶少額であっても投資を少しでも早く始めて、❷それを目的に向かって継続させることです。
 だから少額で始めることができる“投資信託(ファンド)を活用”をして、長期にわたり継続できるよう“無駄な浪費をせず”に投資資金を確保し、途中でやめたくならないような“長期投資向きの投資手法”を学び、それを信念持って続けなさいということになります。

 なにしろ、SNSの情報が全てではないことを学びましょう。