【重要】先物・オプション取引の祝日取引における各社対応について(岡三オンライン証券、楽天証券)

魅力ある日経225先物取引

魅力ある日経225先物取引

株式による「短期投資」を始めるならば

 これから株式投資を始めるにあたり、投資期間をどのように捉えているのかは非常に重要です。なぜなら「短期投資」と「中長期投資」では、投資先の金融商品が同じでも投資方法が全く異なるからです。ここでの「中長期投資」は1年以上、「短期投資」は1年以内として考えます。

 「短期投資」の場合、「中長期投資」に比べて一回当たりの売買期間が短いので、収益を大きく出すことはまず難しいでしょう。だから、銘柄選びも中長期視点を必要とする企業価値の分析より、現状の株価分析を行うほうが合っている訳です。そして、その銘柄を用いて短期売買で利益を積み上げることで資産を作るというのが、正しい「短期投資」の実践方法になります。このように、利益の積み上げることができる収益機会をより多く広げることがポイントになります。

 次に株式投資で得られる収益には、売買することで得ることができる「キャピタルゲイン」と、保有し続けることで得られる配当金や株主優待といった「インカムゲイン」があります。「短期投資」の場合、時期よっては「インカムゲイン」を得るかもしれませんが、基本は「キャピタルゲイン」での収益となります。よって、売買タイミングが非常に重要となり、特に投資した後の出口戦略がポイントになります。

よって、「株式による短期投資」のポイントは、
 いかに収益機会を拡げて
 ❷ いかにタイミングを逃すことがないか

ということになります。

 これから株式投資を始めるにあたり、投資期間をどのように捉えているのかは非常に重要です。なぜなら「短期投資」と「中長期投資」では、投資先の金融商品が同じでも投資方法が全く異なるからです。ここでの「中長期投資」は1年以上、「短期投資」は1年以内として考えます。

 「短期投資」の場合、「中長期投資」に比べて一回当たりの売買期間が短いので、収益を大きく出すことはまず難しいでしょう。だから、銘柄選びも中長期視点を必要とする企業価値の分析より、現状の株価分析を行うほうが合っている訳です。そして、その銘柄を用いて短期売買で利益を積み上げることで資産を作るというのが、正しい「短期投資」の実践方法になります。このように、利益の積み上げることができる収益機会をより多く広げることがポイントになります。

 次に株式投資で得られる収益には、売買することで得ることができる「キャピタルゲイン」と、保有し続けることで得られる配当金や株主優待といった「インカムゲイン」があります。「短期投資」の場合、時期よっては「インカムゲイン」を得るかもしれませんが、基本は「キャピタルゲイン」での収益となります。よって、売買タイミングが非常に重要となり、特に投資した後の出口戦略がポイントになります。

よって、「株式による短期投資」のポイントは、
 いかに収益機会を拡げて
 ❷ いかにタイミングを逃すことがないか

ということになります。

「日経225先物取引」について

日経225先物取引のメリット
 ・取引時間が夕方以降にもある
 ・銘柄選択が不要
 ・売りから仕掛けられる
 ・少額で効果が得られる

日経225先物取引のメリット
 ・取引時間が夕方以降にもある
 ・銘柄選択が不要
 ・売りから仕掛けられる
 ・少額で効果が得られる

“収益機会の拡大”と「日経225先物取引」

 タイミング重視の短期投資では、“終値”でしか取引できない投資信託(ファンド)では収益機会を十分に得ることができないため、“時価”取引ができる株式のほうが理に適っています。株式の場合、個別銘柄での取引時間は、平日 09:00~15:00となります。ただ一般的には、日中は何かと忙しいことが多いため、タイミング重視の投資方法を行っているのにも関わらず取引時間中に相場を見続けることは非常に困難かと思います。

 一方、「日経225先物取引」の取引時間は、日中立会(08:45~15:15)と夜間立会(16:30~翌06:00)があり、ほぼ1日24時間取引が可能であり、更に2022年9月からは祝日取引も開始されています。すべての時間帯に参加できないにしても、逆に“どのような状況の方でもご自身でタイミングをみることができる時間帯が存在する”ということです。

また、海外で市場を揺るがすような大きな影響を与える事象が起こっても、個別銘柄のように翌営業日の取引開始時間まで何も打つ手がない状況になることなく、すぐに対応できるといったタイミング重視の投資方法にピッタリの仕組みだといえます。このように取引時間の拡大は、“収益機会の拡大”ともいえるわけです。

 投資タイミングにおいて、入口の門が開いていることも大事ですが、それ以上に“自分が狙ったタイミングで確実に取引を成立させる”ことも非常に重要です。このポイントになるのが、株式の出来高(流動性)です。株式先物取引には「日経225先物」、「TOPIX先物」など数種類ありますが、株式市場のカバー率と流動性のバランスを考慮すると、「日経225先物取引」がベストという結論に至ったわけです。

“投資タイミング”と「日経225先物取引」

 個別銘柄の場合、投資の際は「買い」しかできないため、上昇相場を期待する時にしか収益を得るチャンスがありません。これでは「下降相場の可能性が高い!」と判断をしても投資ができず、言い換えれば収益機会を失っていることになります。ところが、「日経225先物取引」の場合は「売り」からの投資が可能なので、せっかくの投資機会を逃すことがありません。

さまざまな効率性を活用する「日経225先物取引」

 個別銘柄での取引は、まず「短期投資」には必須ではない銘柄選択に時間を割く必要が出てきます。いざ、銘柄選択をするとなれば4,000銘柄近くの上場銘柄から倒産リスクの有無や流動性リスクを気にしなければなりません。そのリスクを減らすために複数銘柄を売買するとなれば、それなりの資金が必要となります。一方、日経平均などの指数を活用すれば倒産や流動性に関するリスクは限りなく減らすことができるうえに、複数銘柄に比べて小額での取引が可能です。小額の資金で大きな金額の取引ができることをレバレッジといいます。

【例】「日経225ミニ」の場合
 もし、個別銘柄への現物株取引を行う場合、270万円の取引をする際は同額である270万円の現金が必要になります。一方、「日経225ミニ」であれば、270万円分の取引に現金は最低150,000円しか必要がありません(2022/10/24時点)。

ケース1
:最低資金での取引
270万円の取引を15万円の資金で行った場合
レバレッジは、
27,000円×100倍÷15万円=18倍

ケース2
:小額資金での取引
270万円の取引を30万円の資金で行った場合
レバレッジは、
27,000円×100倍÷30万円=9倍

ケース3
:同額資金での取引
270万円の取引を270万円の資金で行った場合
レバレッジは、
27,000円×100倍÷270万円=1倍

「日経225先物取引」との正しい向き合い方=「龍神AI」の活用

 メリットとデメリットは表裏一体です。個別銘柄に比べて指数に投資するのであれば、分散が効いているので大きな損失もない分、大きな利益を得ることができません。それ故、レバレッジを効かせることで現物株投資に必要な金額以下での取引を可能にし、現物株投資と同額の取引を行うと大きな取引ができるということになります。
 お気づきかもしれませんが、レバレッジをコントロールするのは投資家です。よって、先物取引で失敗する方の大半は、ご自身のリスク許容度を越えた“証拠金×レバレッジ”をかけてしまい、最終的には大負けをして投資をやめることになってしまいます。

 「龍神AI」を活用することで、最大枚数を設定できるのに加え、感情に左右されず設定ルールに従がった売買を自動で行ったり、レバレッジをかけている分、大きな損益につながりることから特に重要な出口のタイミングを間違わないようロスカットの最適化機能を装備しており、先物トレードにおけるデメリットを排除できるような仕組みになっています。